足の匂いは足だけではない

立ち仕事をしている時、常に靴が匂いました。1日後には靴自体には匂いが無くても仕事終わりには匂いが臭く更衣室などで着替えた時は匂いが充満することも多々ありました。気をつけるためにていねいに洗っていましたが改善することはなく、悩んでいました。足が臭い人と臭くない人の差は何だろうと検索したら自分の体験を重ね、出た結果が足に汗をかくかかかないかの違いではないかと思いました。

 

個人差はあると思いますが足への空気が触れる時間が少ないと匂いがこもり、悪臭がきつくなると思いました。しかし仕事中靴を脱ぐわけにはいかないので、まずは通気性のよい靴下、ストッキングを使用しました。トイレに行ったら少しの休憩などは必ず靴を脱ぐようにし、足に空気を触れさせ乾かすようにしました。

 

脱いだ後下着は洗濯機で洗う前に必ず60度以上のお湯に浸けておき、手でもみ洗いしてから洗濯機で洗うようにしました。靴の中敷が取り出せるタイプのものであれば脱いだ時に取り出しておくだけでも少し効果がありました。下駄箱らにしまう際には扉をしめない時間を作り、乾燥剤を靴の中に入れるようにしました。足はこすり洗いだけでは無く角質を取るようにしました。そうすることにより足裏に汗をかきにくくなり、角質とともに匂いがこびりついた汚れも落とせるので匂いが消えました。

 

 

 

しっかりと改善させるために

足の臭さというのは人によって違うのかと言うと確かに体質もそれなりに存在しているわけですがそれ以上に大事になってくるのは足を清潔にしているのかということです。足の臭いは発端となっていることは間違いなく汗になるのですが、汗自体は無味無臭とは言われているので汗自体が問題になっているというわけではなく、汗をかいたままで皮膚の常在菌などによって分解されて臭いを発生させているという状況が問題になってくるわけです。

 

つまりは、かなり清潔にしていれば足の匂いというのは解決することができる可能性が極めて高いです。

 

殺菌クリームなどを塗っておくことによって割と解決できたりということもあります。あとは汗がこもるというのもよろしくありませんので通気性の良い靴などを履いておくようにするとよいでしょう。消臭二というものがいくらでも存在しているわけですからそういうものを次々に使ってみるということにしましょう。はっきりいってそれなりに効果はあるのですが一つ行ったところでどうにかなるということでもありませんので、注意しておきましょう。

 

しかし、試してみる価値がある商品はいくつもあります。そもそも臭いとは物理現象なのですから、解消はできるのです。