オシャレと臭いとの戦い

私の場合、足裏に汗をかきやすい為、毎日同じ靴を履くと、スニーカーでも数日後には靴下から酸っぱいあの臭いがしてきます。ただ、足の匂いは臭いと分かっていても、嗅いでしまう中毒性があります。そして、雨の日に濡れたスニーカーは地獄です。次の日を考えると恐怖でしかありません。

 

そして、なにより私を苦しめたのが、パンプスです。社会人になり、ストッキングを履き、パンプスを履く。憧れていた事にこれほど苦しめられるとは若い頃は想像できませんでした。

 

私の汗かきの足裏+ストッキング+密着型の高いパンプスはたった1日で私の足を臭くしてしまいました。私はすぐさま、足専用の消臭スプレーを買いましたが、効果はありませんでした。ただ、毎日立ち仕事をする中で、足の臭いとパンプスのムレはどうにか解消せねばならないことでした。私の職場はそこまで、規則が厳しくなかったので、爪先の空いた、ナースシューズ型(黒色)の靴を購入しました。

 

爪先や側面が空いているため、通気性もよく足が臭うこともなくなりました。憧れの可愛くオシャレのパンプスは履けなくなりましたが、仕事には集中することができました。その後、知り合いから頂いたクリームの制汗料が足にも効くことが分かったので、夏場なとはその製品を使うようにしてから匂うこともなくなりました。

 

 

 

足が臭い理由に水虫があります

足が臭くなっている理由の一つとして水虫があります。これは正確にいますと白癬菌というカビの一種になります。足の皮膚などに感染することが多い病気になります。皮膚に感染するということですからてや他の体の部分にも感染したりするということはあるのですが高温多湿であり菌が繁殖しやすい環境という点において足が最も多いです。

 

足が臭い理由の一つにこういうことがあるわけですから水虫を疑うということを考えるのは悪いことではないでしょう。水虫かどうかというのは割とわかりやすく、皮がむけていたり、ぶよぶよするようになったり痒いということがあったりしますとかなり疑った方が良いことになります。

 

水虫に関しては特効薬が存在しないと言われているのは間違いないので日々の生活態度を改めてしっかりと足を洗って高温多湿の状態にしないようにするということをやっておきますとはそれなりに防ぐということができるようになる。かゆいのも致命的ではあるのですが、臭くなりますから、臭いの元を断つという点においては水虫などの対策をするということも足の臭さを増長させないようにするために重要なポイントになってくるのは間違いないでしょう。 そこはしっかりと対策しましょう。