多汗症などによっても臭くなります

多汗症などによっても臭くなります

足の臭いが臭くて仕方のないという人の場合には考えなければならないのはどんなことが原因であるのかということです。根本的なことは当然汗であるわけですが、汗と皮膚の常在菌によって匂いが臭くなってくるということがあるわけでその中で人の体質としてある多汗症がより強くしてしまっている原因ということがあります。

 

これは汗の分泌が増加するという病気になります。体質というよりは本当に病気ということでもあるのですが足のみならず全身から吹き出る汗というのが人よりも多いというタイプの人になります。

 

こうしたことがで、どうしても足が臭くなりやすくなるということがありますので自分の体質はどうなのかということをよく考えて把握しておくとよいでしょう。とにかく足を洗うということをしっかりとやってできるだけ菌が残らないようにということにしましょう。

 

そこが意識できるようになるだけでも足の匂というのは割と改善できたりすることになります。汗は臭いということになりますが、それは菌があってこそです。つまりは体質的に汗をかきやすい人であろうとも拭くようにしてきちんと皮膚の常在菌などに対処することができているのであれば問題はないのです。

 

 

 

足は年がら年中・要注意

足はとても臭いです。夏はサンダルを履いて通気性がいいと思いますが、なかなかそうとは言い切れません。私はサンダルを掃く樹会が多く、冬みないに密閉していないので安心していたら靴を脱いでいる食事中やテレビを見ているときに親から臭いと言われたことがあります。

 

サンダルを見ると汗でサンダルが汚れ、異臭を放っていたのにそれを何度も履いていたためだったと思います。履きなれてしまえば特に毎度同じ靴を履いてしまいがちですが気をつけなければいけないことを痛感しました。

 

そして冬、足の匂いの天敵はやはりブーツです。ブーツは通気に触れる機会が少ないため、どうしてもこもりがちになってしまいます。ブーツを脱ぐ際はとても要注意です。匂いが一気に外へ向かってあふれ出してきます。

 

飲食店でブーツの際、座敷の席をお断りしてテーブルの席へ移動させていただいたことは何度かあります。特に異性と行動する時、他の方への迷惑にもなりますし、そこは要注意です。夏・冬ともにお手入れは必要です。帰ってきたらお風呂場へ行ったり、そのままお風呂に入ったりと清潔を保つようにしていますが日々の努力で匂いは軽減されるものであるのでこれからも気をつけていきたいものです。